基調講演 テストが到達目標と指導に与える影響 セミナーレポート!!

学習者を育てるためにテストを使う―波及効果の研究が示唆する指導と評価の一体化 “An introduction to learning-oriented language assessment”

渡部 良典 上智大学言語科学研究科 教授

■Learning oriented language assessment

今日の講演の副題を、Introduction to learning-oriented language ssessment(言語習得を促すための言語テスト)としました。ここには、テストを受けている最中にも学習者は学んでいるということを知らないといけないという意味を込めました。私たち教員はこのことを忘れがちです。最近のテスト関係の専門誌には“assessment for learning”,“formative assessment”などの言葉が使われています。“Formative(形成的評価)”というのは“assessing ability during the process of being formed”という意味を示し継続評価することです。最終的な成果を評価するために形成的評価の結果を生かす方法を”summative use of formative assessment(形成的評価の統括的評価的用法)”ということがあります。最終成績を出すにしても最後に一回テストをやるのではなく、継続して記録をとりながら、途中経過も考慮する方法のひとつです。たとえばポートフォリオ・アプローチがありますが、これは生徒が今まで書いていたもの、話してきた録音の記録を積み重ねておき、最後に学習者に最終的に一つ選ばせて提出させる方法です。ダイナミック・アセスメント(dynamic assessment)、これは正にテストを受ける活動自体が学習者にとっては学習の契機になっているのだということを前提とした評価方法です。

学習を促すテストのありかたの大切さに気付く刺激になったことのひとつにこんなエピソードがあります。大学の教員になって間もなくのことでした。ある英語の授業で紙版の TOEFL iTP の多肢選択式文法問題―誤りの訂正問題―を教材に使っていた時のことです。授業を受けていた学生からこんなコメントがあったのです。「僕には答えがわからないので、この形式の問題は困ります」と。理由を尋ねたところ、「間違いがどこにあるのかわからないので、間違った英語も全部正しい英語として習得してしまうんです」とのこと。なるほどテストを受験している最中も学生にとっては学習の機会なのだという気づきでした。目が開かれる思いでした。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事