大学の就職力ランキング2020 世界トップ500に日本の21校 英QS社調査!!

世界の大学評価を手がける英国のクアクアレリ・シモンズ(QS)社は2019年10月7日、卒業後の就職に強い大学を順位付けした「QS2020世界大学就職ランキング」を公表した。日本の最上位は東京大学(23位)だった。(記事末尾に日本からランクインした大学の一覧)。

ランキングは、卒業生に対する企業の評判を調査したり、世界的に活躍している人の出身大学を調べたりして順位付けした。

世界1位はマサチューセッツ工科大

世界1位はマサチューセッツ工科大学、2位はスタンフォード大学、3位はカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)でいずれも米国の大学だ。オーストラリアのシドニー大学が4位に入った。

アジアのトップは、中国の清華大学(6位)で、香港大学(9位)で続いた。

ベスト100に早稲田大、慶應義塾大など

日本の大学のトップは東京大学(23位)。早稲田大学(34位)、慶應義塾大学(50位)、京都大学(53位)、東京工業大学(65位)、大阪大学(73位)、名古屋大学(98位)と続く。1この7校は昨年に続き100位以内に入った。QS社が大学の研究力や国際化などを総合評価した今年の世界ランキングでは早稲田大、慶應義塾大、名古屋大は100位に入っていないが、「就職力」ではより高い評価を得たことになる。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事