THE世界大学ランキング2020 日本から110校がランクイン トップ200は中韓下回る2校のみ!!

英国の教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は2019年9月12日、世界の大学を研究の影響力や国際性などで順位付けした「世界大学ランキング」の最新版(2020年版)を発表した。世界1位は4年連続で英国のオックスフォード大。日本からは前年より7校多い110校(国立57校、公立11校、私立42校)がランクインした。国内大学の最高順位は東京大の36位だった。日本は200位以内に入ったのは京都大を含む2校にとどまった。

米国に次ぐ多さだが「200位以内」は減少

THEの世界大学ランキングにランクインするには各大学が自主的にエントリーしたうえでスコアが上位になる必要がある。日本の110校は、昨年に続き米国(172校)に次ぐ多さだ。3位は英国の100校だった。ただ、200位以内に米国から60校、英国から28校が入ったのに対し日本は東京大、京都大の2校のみだった。

東京大は、前年(42位)より順位を上げた。京都大(65位)は昨年と同順位だった。5年前には東京工業大、東北大、大阪大が200位以内に入っていたが、今回は東北大と東京工業大が251~300位、名古屋大と大阪大が301~350位だった。

日本の私立トップは産業医科大、公立は横浜市立大

日本の私立大では、351~400位の産業医科大が最高順位。401位~500位には国立の北海道大、九州大、東京医科歯科大、筑波大と私立の藤田医科大と帝京大が入った。501位~600位には公立の横浜市立大と私立の関西医科大が、601~800位には国立の神戸大と広島大、公立の会津大と首都大東京、国立の私立の慶應義塾大、早稲田大、近畿大、東京慈恵会医科大、日本医科大、久留米大が入った。論文引用数など研究力を測る指標が順位付けの中心となっていることもあり、国内大では医学部を持つ大学や医科大学が比較的上位に多く入っている。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事