PBLの世界(35)日本の学習指導要領では世界に通じないわけ それを解決するために!!

★日本語IB校200校目指してという文科省が旗を振って、もう137校(必ずしも日本語ではないが)が誕生したと言われています。しかしながら、DPを受講している人数は、各校20人前後。他の生徒はIBのエッセンスを学ぶということになっている可能性が高いわけです。

★また、新学習指導要領の中で「探究」というキーワードが随所に出てきます。おそらくIBのDPのプログラムモデルをなぞって、イメージして、上記のような絵を描いている方が多いでしょう。やたら「教科横断型」という言葉を使う方が多いところからもわかります。

★しかしながら、実際にはIBのようにコアカリキュラムの領域が他の教科と結合しているようには、新学習指導要領では有機的に結びつくことは難しいでしょう。標榜することはできますが、現実はバラバラです。なぜなら、IBのように結合するシステムが考案されていないからです。システムなき精神主義。教科横断でなければならないという道徳主義で実効性が薄いわけです。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事