子どもの好奇心を大事にし、21世紀をハッピーに生きていける自律型学習者を育てる!!

「やりたい」「知りたい」という気持ちから自律型学習者が育つ

――「教えない授業」はどのような目的で始められたのでしょうか。

山本 「教えない授業」は、さまざまな課題に果敢に挑むことができる自律型学習者を育てることを目的に作り上げた授業スタイルです。僕は今の学校教育において最上位に目指すべきなのは自律型学習者を育てることだと考えているのですが、そう考える一番の理由は社会の変化です。

現代はものすごい勢いでAI化していて、10年後には今存在する職業の半分くらいがなくなると言われています。また地球上には貧困や不平等、気候変動など深刻な問題が山積しています。今の子どもたちはそういった社会で生きていくことになるわけです。そんな子どもたちに対してできる教育は、彼らの好奇心を刺激して、本当にやりたいことを見つけ、それをつかみ取っていく力をつけさせるとか、課題を自ら発見し主体的に考えることができるようにさせるということなのではないかと思っています。これらは教師が一方的に教える授業では身につきません。

――具体的にはどのようにして自律型学習者を育てるのでしょうか。

山本 「教えない授業」では、教師が一方的に生徒に知識を教えることはしません。たとえば通常中学1年生の授業はアルファベットの大文字小文字を覚えましょう、というところから始まることが多いと思いますが、僕はその前にまず英語を学ぶ目的をじっくり考えさせます。英語は手段です。たとえばトンカチの使い方を学んだとしても、トンカチを使って何を作りたいのか、犬小屋とか机とか、作りたいものがなかったら意味はありません。それと同じで英語のスキルを手に入れても、それを使って何をやりたいのか、目標がないと意味がないでしょう。

実際のところ、中1の始めから「英語を使って何かをしたい」という目的を持って英語を学ぶ子どもはほとんどいないのですが、だからといって子どもがその目的を見つけるまで何もしないわけではありません。たとえば「スカイプ」でインドの貧困層の子どもたちとつながって単語レベルであっても通じ合える喜びを体験させたり、SDGs(国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」)の関連動画を見せて少しでも知っている単語があることに気づかせたり、英語を使えると世界がもっと広がることを伝えて刺激を与えています。

するとそのうちに子どもたちから、「海外の子と話す機会があったときに自己紹介くらいはできるようになりたい」という意見が出てきたりします。子どもたちから「やってみたい」という声が出てきたら、それを拾い上げ、今度は「では『良い自己紹介』とはどういうものだろう」ということを考えさせます。生徒たちから「名前を言いたい」「好きなことを言いたい」「ボーイフレンドがいるのか聞きたい」というようなさまざまな意見が出てきたら、みんなで協力しあってそれを言うための英語表現を教科書などから探します。このようにして子どもたちは教師から教わるのではなく主体的に学んでいきます。つまり「やりたい」「知りたい」という気持ちが生まれるところから自律型学習者が育っていくのです。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事