子ども自身で考え、改善し、自己肯定感を高める!!オランダの「コーチング教育」現地視察報告会まとめ。

世界ー”こども”が幸せな国と言われるオランダ。

・テストもない
・宿題もない
・時間割は自分で決める

それでも(だからこそ、かもしれないが)労働生産性は日本の1.5倍だという。

そんなオランダの教育に以前から興味があり、オランダの教育視察報告会に参加させて頂いた。視察に行って来たのは、北海道教育大学の越智くんと長澤くんだ。今回のブログでは、その報告内容をふまえ、わたしなりに感じたこと、考えたことを記録しておこうと思う。

ティーチングには限界があるんじゃないの?

越智くん&長澤くんは、2040年を次のように予想している。

・人口はガクッと減少
・日本の49%の仕事が自動化される(人とAIの差はモチベーション。モチベーションの低い人はAIに取って変わられる。)
・学校いらない説(Google大先生、youtube、スタディーサプリなどで十分)
・幸せや成功の形が変わる(働き方も生き方も多様化)

→戦いのルールが変わり始めている。正解のない時代を生きる子どもたちに、教師は教えるだけでいいの?ティーチングには限界があるんじゃないの?

これが、越智くんと長澤くんがバックキャスティングアプローチから導いた現状教育に対する懸念だ。2人は教師になるべく、教育学部で学んできたわけだけれど、日本の教育をアップデートしないとヤバいんじゃないか?と感じている。では、どんな教育かいいのか、各国ではどんな教育が行われているのか視察に行こうということで、まずはオランダへ。

■オランダ教育の基本情報

・5歳〜18歳のすべての子どものために義務教育がある
・教育システムとしては初等教育と中等教育の2つに分かれ、そこからさらに年齢やレベル別のグループに分かれている
・入るのが難しいというより、出るのが難しい
・子どもたちを200名以上集められたら、自由に学校を設立して良い
・基本的に義務教育費用は公立、私立ともに無料
・おおよそ10人の子どもに1人の教師がいる

日本では「イエナプラン」「シュタイナー」「モンテッソーリ」と聞くと私立の学校が一般的だが、オランダでは公立でもそれぞれの教育方針に沿った教育が行われているところも多い。他にも「多重知性論教育」というのがあるそうで、これがわたしにはとても興味深かった。今日の本題ではないので簡単に書かせてもらう。

◎多重知性理論教育とは?

まず「多重知能理論」とは、人間には以下8つの知性があるとされ、これらのそれぞれが作用して、その人の個性を形成しているとする考え。

・論理数学的知能
・空間的知能
・身体運動的知能
・音楽的知能
・対人的知能
・内省的知能
・博物的知能

そして、「多重知性理論教育」は、その個性(その人に強く働いている知能)に合わせて教育を進める方法だ。例えば、対人的知能が高い人はグループワークなど、他者と関わりながら学びを深めていくのも良いが、内省的知能が高い人は集団で学ぶより個々で学習を進める方が良かったりする。

普通に考えていろんな個性の子がいるわけで(大人だってそう)、その各々に合った教育が出来るのであれば、これは効果が期待できそうな気がする!ただ、当然指導側にもきちんとそれぞれにあった知識や教育要領が必要となるので、日本の教育現場での実現はすぐには難しそう。

「多重知性理論教育」については、わたし自身かなり興味があるので、もう少し深堀して、また書きたいと思う。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事