可能性を狭めない海外大卒業後の進路の決め方:グルーバンクロフト基金・理事が海外大学について伝えたいこと!!

留学は手段であって、目的ではない

シェアブロードの幹部から、留学後のことを書いてくださいと言われました。なので40年前に横浜の純ジャパのサッカー少年がなぜアメリカの大学に行くことになったのかということではなく、卒業後の人生経験を踏まえて、最近留学中の方々と話をしている内容の一部をお伝えします。

Who is 足立淳一郎?

東京出身。横浜の県立高校を卒業し、グルーバンクロフト基金の奨学金を得てイリノイ州Knox大学へ進学(サッカー部主将、経済専攻)。卒業後日本で仕事(アメックス)してからノースウエスタン大学ビジネススクール。米国シカゴにて医療メーカー・電機メーカー・不動産開発投資の勤務を経て1993年に独立。日米間の企業誘致・資金調達に関するコンサルテイング。現在グルーバンクロフト基金の理事などの立場を通じて、100人以上の在米日本人留学生の相談相手。尊敬するのは椎名林檎と明石家さんま。シカゴ在住。

留学したら自分だけでなく家族の人生も変った

アメリカに来る日本人以外留学生にとって大学進学は、日本人の移民、そして母国にいる家族の移民を目的にしている人も多いです。それだけアメリカに移民することはことは魅力だということです。

私はそういう目的はありませんでしたが、結果的に卒業後30年以上住むことになりました。おかげで両親も10何度か来ています。あれほど中国に関心のなかった、おばあちゃんも、孫が北京でサマースクールに行くとなると、行ってみようかしら、ということになります。親戚、友人にしても、知人が海外にいると世界が身近に感じられるわけです。私の娘はNYでビールのマーケテイングの仕事、息子は大学でわけのわからぬ物理の勉強していますが、おかげで我々は未知の世界にどんどんひっぱられます。

つまり、一人が留学をするということは、本人だけでなく、家族、友人、後輩に大きな影響があるということです。これは当時は考えもしなかったことです。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事