フィンランドの教育と比べ、ファシズム的な日本の教育の問題点!!

授業数が日本の半数以下でPISA1位のフィンランド

黒川祥子さん(左)と岩竹美加子さん(中央) ひと昔前まで、フィンランドは福祉国家としての印象が強かった。しかし、近年は教育の質の高さに注目が集まっている。学校教育では、日本に比べてフィンランドの授業数が半分以下にも関わらず、PISA(15歳児童の学習到達度国際比較)において世界1位を達成している。  小学校から大学に至るまで無償で教育を受けることができ、合理的で人生観を育むフィンランドの教育法にはどんな特徴があるのか。  8月18日に「テストも運動会も制服もいらない?! 本当の教育に必要なものを考える」と題して開催されたイベントには、ヘルシンキ大学非常勤教授で『フィンランドの教育はなぜ世界一なのか』(新潮新書)著書の岩竹美加子氏と、『PTA不要論』の著者として知られるノンフィクション作家の黒川祥子氏が登壇。  参加者とともに、日本の教育を見つめ直すきっかけとなるような議論が行われた。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事