パソコンは子どもの自己肯定感を高める!!

今、教育の現場へのパソコン導入が進んでいるが、世界各国と比べると日本はまだまだ遅れているのが現状だ。学校では教えてもらえないICTスキルを伸ばし、子どもに自分の価値や存在意義を認める感情(自己肯定感)を支えるのは親の役目だと国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(以下、国際大学GLOCOM)准教授・主幹研究員の豊福晋平さんは言う。そのサポート役にうってつけのパソコンとしてDynabook『dynabook V8』の魅力を紹介していく。

日本の子どものICT活用は“ほぼ底辺”

豊福晋平(とよふく・しんぺい)。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)准教授・主幹研究員。東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程中退、1995年より国際大学GLOCOMに勤務。専門は学校教育心理学、教育工学、学校経営、教育情報化

豊福晋平(とよふく・しんぺい)。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)准教授・主幹研究員。東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程中退、1995年より国際大学GLOCOMに勤務。専門は学校教育心理学、教育工学、学校経営、教育情報化[画像のクリックで拡大表示]

 国際大学GLOCOM 准教授で主幹研究員の豊福晋平さんの専門分野は、教育へのICT普及。子ども一人ひとりに1台ずつ情報機器が行き渡ると、子どもたちの活動がどのように変わっていくのかに高い関心を持っているという。

 「子どもたちが日常的にパソコンを使っていて、その延長線上に授業があったら、先生に指示されなくても、授業が始まれば子どもたちは自然にパソコンを開くし、説明を聞きながらキーボードやペンでメモを取ったり、黒板の板書を撮影したりするでしょう。欧米ではそうなりつつありますが、日本では違います。ごくたまにパソコンを使う授業はあっても、普段の授業ではパソコンを使わない。経済協力開発機構(OECD)による国際的な生徒の学習到達度調査(Programme for International Student Assessment ; PISA)の結果を見ても、日本の学習用途でのICT活用は調査参加国のほぼ底辺に位置しています」

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事