大学入試「20年度は大きな改革でない」 下村博文氏  混迷・入試改革 キーパーソンに聞く!!

2020年度に始まる大学入試改革を巡る混迷が続いている。制度づくりの議論に加わるなどした改革のキーパーソンに、改革の現状や今後の課題を聞いた。初回は、改革を提言した時の教育再生実行会議のメンバーで、文部科学相として大学入学共通テストを導入する工程表を取りまとめた下村博文衆院議員。

――共通テストを巡る混乱が起きています。

「入試改革の議論は20年以上前からあるが、これからの時代は知識・技能に加え、思考力や判断力、表現力、主体性を持ち多様な人と協働して学ぶ能力や態度が必要だ。この学力の新しい3要素を入試で試す必要がある」

下村博文・元文部科学相

下村博文・元文部科学相

「入試を変えることは皆、総論では賛成するものの、各論になると様々な意見が出てくる。(混乱の一因になっている)記述式問題でも採点をどこまで公正公平にできるか、現場は試行錯誤している。公正公平を求めすぎて入試が元通りになっては困る。角を矯(た)めて牛を殺してはいけない」

――初回の改革を20年度に実施する工程表に無理はありませんでしたか。

「無理があったとは全然思わない。改革は着実に進んでいる。20年度はそれほど大きな改革ではない。とはいえ国語と数学に記述式問題を導入すること自体は画期的だ。英語の民間試験の活用も画期的であり、20年度には実施できる」

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事