日本は出世意欲が最低、断トツで自己研鑽していない国に【アジア太平洋14か国調査】!!


出世意欲、自己研鑽意欲も最下位に

 パーソル総合研究所は、日本を含むアジア太平洋地域(APAC)14の国・地域における就業実態・成長意識についてインターネット調査を実施した。対象となったのは、中国、韓国、台湾、香港、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシア、シンガポール、ベトナム、インド、オーストラリア、ニュージーランド、日本の主要都市ではたらく人。

 パーソル総合研究所では、調査の結果をもとにいくつかのトピックについて各国の比較分析を行った。

 まず「上昇志向」について、現在、非管理職である人に聞いたところ、日本は管理職になりたい人の割合が21.4%で、14の国・地域で最も低かった。逆に言えば、日本では積極的な管理職志向がない人は78.6%にものぼる。また、会社で出世したいと答えた人は、5段階尺度の平均値で見ると2.9にとどまり、日本は出世意欲も最も低い国と言える。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事