京アニ「響け!ユーフォニアム」主題歌、甲子園・京都代表の応援曲に!!

6日開幕の全国高校野球選手権大会に出場する京都府代表・立命館宇治の吹奏楽部が、地元・宇治市の高校吹奏楽部を題材にした京都アニメーションの作品「響け!ユーフォニアム」の主題歌を応援曲に選び、練習に励んでいる。35人が犠牲になった京アニ第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件に部員らも心を痛めており、「甲子園での演奏で、京アニと選手にエールを送りたい」と願う。

 「甲子園で『響け――』の曲を演奏してはどうか」。先月18日の事件発生から10日後に甲子園出場が決まり、地元住民が学校側にそう提案したという。部員約70人で話し合って「ぜひやりたい」と決め、今月1日から主題歌「DREAM SOLISTER」の練習を始めた。

 同作品は、吹奏楽に打ち込む高校生の青春を生き生きと描き、部員にもファンが多い。クラリネット担当の1年の女子生徒(16)もその一人で、主人公が橋の上から「うまくなりたい」と叫ぶシーンなどに共感したという。「京アニの人が大勢亡くなり、悲しい。甲子園でパワフルな演奏を響かせ、京アニを応援する人が増えたらうれしい」と意気込む。

 組み合わせ抽選で、初戦は大会2日目の7日に秋田中央(秋田)と対戦することが決定。あいにく吹奏楽コンクールと重なり、応援に行けなくなったため、甲子園での曲の披露は初戦突破が条件となった。野球部の2年生部員(17)は「吹奏楽部に演奏してもらうためにも必ず勝つ。亡くなった方々のために全力プレーで地元を元気づけたい」と誓った。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事