子どもの「主体性」を育てるために、絶対にやってはいけないこと!!

“公立中学校”でこんなことができるのか……。「定期テスト廃止」「宿題廃止」「クラス担任制廃止」など、数々の大胆な改革で全国から注目を集める、千代田区立麹町中学校。生徒、教員、そして保護者までもが主体性を発揮し、生き生きとした教育活動が展開されている。その改革の中心となり、著書『学校の「当たり前」をやめた。』(時事通信社)がベストセラーとなった工藤勇一校長に、「改革の狙いは何か?」「なぜ、改革を実行できるのか?」などをテーマに語っていただいた。その言葉は、組織活性化、組織改革に悩むビジネスパーソンにも多くの示唆を与えるはずだ。(構成:小嶋優子)

● 「宿題」は子どもたちの学力向上につながっているか?

 ――「定期テスト廃止」「宿題廃止」「クラス担任制廃止」など、麹町中学校の数々の大胆な改革が注目を集めています。ご著書である『学校の「当たり前」をやめた。』(時事通信社)を拝読して、それら改革が深い考えに貫かれていることを知り、今現在、子どもを公立中学に通わせる親である私も、目が開かれる思いがしました。これまで、「公立中学はこんなものだろう」と半ばあきらめているようなところがありましたが、それは単に私が思考停止状態に陥っていただけなのかもしれないと思います。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事