実は難しい?英語を論理的に話す・書く力を養う方法とは?

皆さん、こんにちは。
増進堂・受験研究社、編集部の永峰と申します。

皆さんは普段、日本語で会話をしている時に、自分が論理的に話せているかどうか考えたことはありますか。

実は相手とコミュニケーションを取る上で、自分の考えや言いたいことを頭の中で整理して、論理的に組み立てられているかどうかで相手に与える印象はがらりと変わります。

誰かと会話をしていて、この人の言っていることや意見は分かりやすいと感じることもあれば、その逆もあると思います。

そんな「論理的に話す力」はただ毎日、日本語を使って会話をしていたからといって向上していくものではありません。意識的に自分の発言を見直し、トレーニングをする必要があります。

日本語でも難しいとなると、それを英語でやってくださいとなると、当然ハードルは高くなってしまいますよね。

私自身も大学時代に英語圏に留学した際に、授業で自分の意見を聞かれた際に、考えを整理しないままにとりあえず思いついたことをそのまま口に出してしまい、あまり理解されなかったという苦い経験をしました。

さて、話が変わりますが、文部科学省の学習指導要領改訂に際して高校の英語では「英語表現」という科目が「論理・表現」という名称に変わります。

学習指導要領内の「論理・表現」についての記述にこんなものがありました。
日常的な話題や社会的な話題について,使用する語句や文,対話の展開などにおいて,支援をほとんど活用しなくても,ディベートやディスカッションなどの活動を通して,複数の資料を活用しながら,多様な語句や文を目的や場面,状況などに応じて適切に用いて,意見や主張,課題の解決策などを,聞き手を説得できるよう,論理の構成や展開を工夫して詳しく話して伝え合うことができるようにする。高等学校学習指導要領(平成30年告示)外国語編 英語編より

授業内でもディベートやディスカッション等の形式での英語活動が行われていくということで、生徒に「論理的に話す力」を身につけさせていくという狙いは明白です。

しかし、ただ授業の中でやみくもにディベートやディスカッションに取り組んでも、先ほども述べたように、意識しなければ「論理的に話す力」は身につきません。

では、どうやってお子様の力を磨いていくのか、先日参加させていただいた村田女子高等学校で実施された「ミラコンフォーラム2019」にて、その1つのヒントを見つけました。

それが今回ご紹介させていただく共立女子中学高等学校の鮫島慶太先生が模擬授業で実演してくだったSTAR TALKという指導法です。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事