文科省、WWLコンソーシアム構築支援事業10校の取組み紹介!!

文部科学省は2019年7月23日、2019年度(令和元年度)WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業における拠点校10校の取組みについてWebサイトに公表した。筑波大学附属坂戸高等学校や渋谷教育学園渋谷高等学校など各校の取組みを見ることができる。

 「WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業」は、これまでのSGH(スーパーグローバルハイスクール)事業などの取組み実績を活用して、2019年度より新たに開始した取組み。Society5.0の時代に向けてイノベーティブなグローバル人材を育成するため、高等学校などと国内外の大学、企業、国際機関などが協働し、高校生へより高度な学びを提供する仕組みを構築するとともに、テーマと関連した高校生国際会議の開催や高等学校のアドバンスト・ラーニング・ネットワークの形成により、WWLコンソーシアムにおける拠点校の構築を目指す。

 指定期間は2019年度から原則3年間で、3年目の評価に応じて延長も可能。拠点校数は10拠点。初年度となる2019年度は公募の中から、国立大学法人筑波大学附属坂戸高等学校(埼玉県)、東京都立南多摩中等教育学校(東京都)、渋谷教育学園渋谷高等学校(東京都)、金沢大人間社会学域学校教育学類附属高等学校(石川県)、静岡県立三島北高等学校(静岡県)、立命館宇治高等学校(京都府)、大阪府北野高等学校(大阪府)、神戸市立葺合高等学校(兵庫県)、関西学院高等部(兵庫県)、広島県立広島国泰寺高等学校(広島県)の10校が採択された。支援金額は1拠点あたり1,000万円程度。

 取組み要件には、「グローバルな社会課題研究としてテーマを設定すること」「外国語や文理両方の複数の教科を融合し、テーマと関連した新たな教科・科目を設定すること」「海外の連携校などへの短期・長期留学などをカリキュラムの中に体系的に位置づけ、対象となる生徒が必ず経験するようにすること」「国内外の大学、企業、国際機関などと協働し、国内外の高等学校などとの連携によるテーマと関連した高校生国際会議などを事業終了までに行うこと」など、9つの要件が定められている。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事