教師の働き方改革〜何に時間をかけるべきなのかを考える〜(江澤隆輔先生)!!

1 はじめに

本記事は、2019年3月8日に行った、江澤隆介先生(坂井市春江東小学校教諭)へのインタビューを編集・記事化したものです。教師の働き方に目を向けた本『教師の働き方を変える時短 5つの原則+40のアイディア(東洋館出版社)』を出版された江澤先生に、働き方について様々なお話をお伺いしました。

2 インタビュー

①新刊について

自己紹介をお願いします。

初任から3年間は福井市内の中学校、7年間はあわら市内の中学校に勤めていて、今は小学校に勤めています(2019年3月8日時点のものです)。2校目では英語科全体で新しい実践に取り組み、子どもたちに高い英語力をつけさせてあげたことが評価され、ベネッセ教育総合研究所に取材してもらう機会がありました。

それが出版社の目に留まり、2冊ほど英語教育に関する本を出させていただきました。1冊目は英作文、2冊目は『中学英語ラクイチ授業プラン』という1時間の授業プランを載せた本です。その本ではアクティブラーニング学会金賞を頂きました。現在はフォニックスに関する本など、3冊ほど同時並行で執筆中です。

新刊では、「明日から使える」アイディアを

  • 授業づくり
  • 学級経営
  • 仕事術
  • 職員室

の4つのカテゴリーに分けて、合わせて40個紹介しています。授業準備や教材研究におけるタブレットの使い方に加え、印刷作業をどう効率化するかといった話も書いています。また、時短のマインドについても「5つの原則」として書かせてもらいました。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事