8月からTOEFLの試験時間が短縮されます!!

2019年8月1日からTOEFLの形式が変わります。全体的に設問数が減り、これまでよりも試験時間が短く分量もコンパクトになるようです。これから大学入試のための準備をする人は、出題形式を知った上で戦略的にTOEFLを受験するようにしてください。詳細は→ETSのページ

TOEFLの形式変更の影響を真っ先に受けるのは、2021年秋の大学入学を目指している高校生です。2021年の秋入学を目指すには、2020年の3月くらいまでに書類提出が必要になる場合が多いと思われますが、そのための対策はまさにこれからが勝負です。しかし、TOEFLは1回受けたくらいで満足のいくスコアはほとんど出ません。初めての受験では、会場の雰囲気に驚かされて集中できない人がほとんどです。
 
なにしろ、TOEFLの試験は一斉に始まりません。会場に到着して受付を済ませた人から順にコンピュータの前に案内されて、オンライン上のガイダンスにしたがって、それぞれの試験が開始されます。つまり試験開始時間は受験生によって異なるのです。したがって、自分がリーディングに集中しようとしている横で、スピーキングの音声チェックで、「I live in Tokyo」などの連呼が始まったりします。さらに、リーディングは、コンピューターの画面上で実施するのですが、スクロールで最後まで読まないと設問が出てきません。ボーッと待っていたら、画面上のカウンタが容赦なく時間の経過を告げていくことでしょう。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事