充実した理数教育で6割が理系学部を志望…神戸女学院!!

 神戸女学院中学部・高等学部(兵庫県西宮市)は、多くの生徒が希望する医学部をはじめとする理系学部への進学を実現するために、理数教育に力を注いでいる。数学科教諭の森谷典史教頭に同校の理数教育の取り組みを聞くとともに、大阪大学医学部に進んだ卒業生と、すでに医師として活躍している卒業生ら3人に、医療の道を選んだ動機や同校の思い出などを聞いた。

数学の全カリキュラムを3回繰り返す授業

 ――まず、神戸女学院の目指す理数教育について説明してください。

 森谷典史教頭(以下、教頭) 本質を見極める力を付けることです。理科では、実験や観察を通して、その本質に迫ります。数学は、数式の中から理論的に本質に迫っていきます。あまり細かいことにこだわらず、大筋をつかむ力、ポイントを見抜く力を付けることを心がけています。

 ――具体的にどんな工夫をしていますか。

 教頭 理科では、文字での説明で終わるのではなく、実際のものをできるだけ多く見せるようにしています。数学では、授業を受けた内容を、帰宅後、自分で解けるかどうか確認してもらいます。数1・Aの内容を中学3年間で先取りし、高校2年生からは繰り返しによる定着と発展に取り組み、数学全過程を3回繰り返すよう授業を構成しています。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事