「国際化する公立高校と私立!」 ~90分間徹底討論 “頑張れ日本の私学”~

近年、国際化する公立高校やインター校への人気が高まっています。今回は、国際教育の専門家が集まり、90分間徹底討論を行い日本の学校・教員が持つ課題を語ります。各分野の専門家から本音トークを聞き、“理想の国際化高校”とはどのようなものか提言します。特に、グローバル担当管理職、英語科や帰国生教育、教務ご担当の先生方にご参加をお待ちしております。


内 容:
   国際化する公立高校を超える学校にするには?
  日本の高校生の英語力はこのままで大丈夫か?
  なぜIB校が増えないのか?
  国内のインター校に保護者は何を期待しているのか?
  アジアの高校生と日本の高校生との違いは何か?
  帰国生教員が感じる日本の学校の「ここが変!」とは?
  ここだから言える理想の国際化高校とは?

日 時:2019 年5 月18日(土)14:00~シンポジウム 15:30~16:00 交流会

共同司会者: 久保敦(聖ヨゼフ学園中高 IB 教育推進部 主席アドバイザー)
       高瀬 聡伸(十文字学園中高 英語科・国際交流部)
パネリスト: 後藤健夫(教育ジャーナリスト)
小澤大心(アオバジャパン・インターナショナルスクール 教諭)
伊藤健志(立命館アジア太平洋大学 APU 東京オフィス 所長)

会 場: 立命館東京キャンパス(東京駅八重洲北口、大手町駅B7出口)
定 員: 60名
受講料: お一人3,000 円

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事