定期的な一斉テストは本当に必要なのか。熊本大学教育学部の苫野一徳准教授は「本来、学習のペースやテストのタイミングは人それぞれでいい。東京都の麹町中学校では、実際に定期テストを廃止している」と指摘する――。

興味・関心・学ぶペースは子どもによって違う

教育について考える時、次のことをおさえておくのは本来基本中の基本です。

子どもたちは、それぞれ興味・関心も、学ぶペースも、自分に合った学び方や適した学習空間や、いつどこで誰とどのように学び合えばいいかなども、全部異なっているということです。同じ個人においても、これらは成長の過程において変わってきます。

でもこれまで、学校はそのほとんどを統一してきました。いつ、何を、どのように学ぶかということを、あらかじめ決めてきたのです。

子どもたちは、今は算数をやる気分でなくても、「いいから算数をやりなさい」と言われ、好きな本をとことん読み続けたくても、「これから授業です。本をしまいなさい」と言われてしまうのです。これでは、もともとある「学びたい欲求」が殺されてしまうのも当然です。

これが、もっと自分のペースで、自分に合ったやり方で、また自分に合った教材などで学べたとしたらどうでしょう?

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事