Slack Japan株式会社
Slack Japan 株式会社(本社:東京都千代田区、カントリー・マネジャー 佐々木聖治、以下Slack)は、日本有数の教育機関での導入事例として、2019年の4月から全職員を対象としてSlackを導入した近畿大学(所在地:大阪府東大阪市 学長 細井美彦)と、開校以来、全学年の生徒と全職員を対象としてSlackを導入している学校法人角川ドワンゴ学園が運営するN高等学校(所在地:沖縄県、校長 奥平博一校長)の事例をご紹介いたします。

1)近畿大学
近畿大学は、1925年に創立された14学部、大学院11研究科を持ち、日本有数のスケールを誇る総合大学です。

 建学の精神である「実学教育」を学びの根幹に据えて、理系、文系のバランスのとれた学部を6つのキャンパスに有し、学生数は約3万人、卒業生は53万人を超え、近畿大学の卒業生はあらゆる分野で、社会の根幹を支える人材として活躍しています。

 また、世界発のクロマグロ完全養殖を達成した水産研究所、次世代バイオリサイクル燃料「バイオコークス」の開発で注目されるバイオコークス研究所など、日本各地に広がる研究所が「実学」をけん引しています。

 近畿大学では、業務の効率化と仕事の見える化、更には働き方改革に対応するために、2017年より総務部門とIT部門主導のもと、大学職員を対象にSlackの導入を段階的に進め、2019年4月現在、全てのキャンパス・拠点内の職員にまで導入が拡大しました。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事