「あしたのジョー」などで知られる漫画家、ちばてつやさん(80)が4月1日付で文星芸術大学(宇都宮市)の学長に就任する。27日に同大学で記者会見したちばさんは「マンガには国境がない。国際的な大学になっていってほしい」と述べた。任期は4年間。

文星芸術大学学長への就任が決まり、記者会見するちばてつやさん(27日、宇都宮市)

ちばさんは2005年、文星芸大が美術学部にマンガ専攻を創設するのにあわせて同大教授に就任し現在も続けている。学生に表現技法やストーリーづくりなどを教えるほか「1日1回熱い汗をかこう」と、学生とのキャッチボールで体を動かすなど精力的に活動してきた。

大学はちばさんに「長年、ぜひ学長をとお願いしていた」(上野憲示現学長)という。ちばさんは「先生と学生が会話をしながら、一緒に課題をやるような取り組みを広げたい」と意気込みを語ったほか、「学長になってもやることは変わらない」と話し、従来どおりの方法で学生との積極的な交流を続けると強調した。

ちばさんはマンガとデジタル技術の融合を研究する同大の研究所の所長も務めている。「マンガが人工知能(AI)などに生かされる時代が来る。色々な広がりを楽しみ、応援できれば」と語った。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事