中学受験に関する数字を森上教育研究所の高橋真実さん(タカさん)と森上展安さん(モリさん)に解説いただく本連載。

【図1】第一志望率をもとにした男子難関校の倍率

埼玉や千葉、関西圏などではすでに入試がスタートしています。東京・神奈川の入試解禁日までは10日を切りました。今まさに親子で一丸となり、第一志望を目指してラストスパートをかけていることでしょう。

この時期だからこそ考えたい「第一志望校」が示す意味とは?

今回の中学受験に関する数字…30%志望順位を決めるのは偏差値だけ?

<タカの目>(高橋真実)

中学受験をする子どもたちの中で、第一志望の学校に合格・進学する割合はおよそ30%と言われています。

ひと口に第一志望校と言っても、「チャレンジ」として少し背伸びして憧れの学校を目指す受験生もいれば、確実に合格できそうな「安全圏」を狙う受験生もいます。最近は以前ほどチャレンジしなくなっているという話も聞きます。

志望順位を決める主な基準は偏差値でしょう。しかし、それだけで決まるわけではありません。

2つの学校に合格して、「英語教育が魅力的だから」と、あえて低い偏差値の方の学校に進学を決めたお子さんもいます。

のんびり屋さんの女の子なので、その性格に最も適した学校をと、合格した中から偏差値が低めの学校を選択したという話も聞きます。

反対に、親の思いを優先した結果、お子さんの性格と校風が合わず、高校受験をし直したという話を聞いたこともあります。

偏差値だけにとらわれず、学校の教育内容、校風など、様々な要素を考慮し、お子さんとの“相性”を考えた上で志望校を選び、優先順位を考えることが大切です。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事