新年明けましておめでとうございます。昨年は、様々な分野でセミナーや研究会を実施して参りました。教育界も「答えのない問いへの挑戦」をする時代へ突入して参りました。持続すべきことと、改革すべきことを精査しながら新しい学校作り、授業作りが必須となっています。グローバル化の波と日本経済の失速により、今までの教育指導、進路指導、学校マネジメントでは通用しなくなって来ました。どこの学校でも次世代で活躍できる人材の育成を目標としていますが、その方法は様々であり、1つとして正解はありません。このような時代を乗り越えるには、初等・中等・高等教育との密な連携と「真の教育」を再度問い直し、グローバル感覚を持った教員の育成と最新の指導法を取り込める柔軟な学校運営を促進して本当の意味での個性豊かな児童・生徒・学生を育てることが重要です。

ESN研究会は、この難題を常に課題としながら今年もセミナーや研究会を実施して参ります。全国、全世界の教員のネットワークを活用しながらそのヒントをご紹介できればと思っております。今年も会員の皆さまと一緒に活動をして行きたいと思っております。皆様からのご支援とご協力を心よりお願い申し上げます。

ESN英語教育総合研究会 総合代表 久保 敦

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事