学校法人 河合塾(本部所在地:名古屋市千種区)は、2020年度から本格化する大学入試改革を受けて、現高1生2,026名に対して「英語資格・検定試験に関する意識調査(アンケート)」を行いました。 新しい入試で導入される、大学入学共通テストや外部の英語資格・検定試験の採用について、多くの大学が未だ明確な意向を示せていない、または別々の方針を発表するなどの不確実な状況が続いており、2020年度以降に受験を控える高1生とその下の世代である中学生の方々にとっては、不安を感じることが多いかと思います。

 今回、河合塾が高1生に対して行ったアンケートでは、そのような状況に置かれている当該世代の生徒たちが一体どこまで英語資格・検定試験の対策を行えているのか、またはどこまで情報を知っており、教える側に何を求めているのかなどのリアルな実情を聞きました。

 アンケート結果の要旨は以下の通りです。

■アンケート結果サマリー
◇7割以上の高1生がすでに何らかの英語資格・検定試験を受けており、そのうち8割は「実用英語技能検定」(以下、英検とする)を受けている

◇現状、学校も生徒も「英検」「GTEC」が中心の対策になっており、その他の資格・検定試験に対する指導・アドバイスを受けたことがある生徒はほとんどいない

◇生徒がいま、最も教えてほしいことは「どのような資格・検定試験を受ければいいのか」

【調査概要】
調査期間 :2018年9月22日~10月16日
調査方法 :紙によるアンケート調査
調査対象 :高1生
サンプル数 :n=2,026名

■アンケート詳細
トピック①
◇7割以上の高1生がすでに何らかの英語資格・検定試験を受けており、そのうち8割は「英検」を受けている

「これまでに、英語資格・検定試験を受検したことがありますか?」という質問をしたところ、74.6%の生徒が「ある」と回答しており、高1生の時点ですでに多くの生徒が何らかの英語資格・検定試験を受検したことがあるとわかりました[図1]。また、英語資格・検定試験を受検したことが「ある」と回答した生徒の中で80.4%が「英検」を受検していると回答しています [図2] 。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事