部下を職場に過剰適応させないのが、上司の仕事!!

2018年7月28~29日、台風接近により風が強まる中、「HONZ in APU」というユニークなイベントを開催しました。

 「HONZ」とは、僕が客員レビュアーを務める書評サイトです。代表の成毛眞さん、副代表の東えりかさん、編集長の内藤順さんをはじめとしたメンバーほぼ全員が別府に大集合し、HONZの成り立ちから本の選び方、書評の書き方までレクチャー。学生からも答えきれないほどの質問が飛びだし、なんとも賑やかな2日間となりました。

 またAPU(立命館アジア太平洋大学)の学生だけを対象にするのはもったいないと、翌7月29日には、大分に赴き大分市民との交流の場を設けました。

 僕は、教育に必要なのは「場をつくること」だと考えています。

 ただ「本を読みなさい」と言っても、読書体験に乏しい学生に行動に移してもらうのは容易なことではありません。必要なのは、「本っておもしろそう」と興味を持てるような場をつくることなのです。

 その点、HONZのレビュアーたちは生粋の「本好き」。読書の楽しさを語らせたら右に出るものはいません。そんな大人たちの話を聞き、ディスカッションすれば、それまであまり読書をしてこなかった学生も本を開いてみようと思うのではないか、と考えたのです。

 続き・・・