ESN英語教育総合研究会

第7回春期英語教育セミナー<東京|3/29>

テーマ:「次世代の英語教育|CLILとActive Learnersという視点」

PDFチラシ:20190329ESN Seminar Flyer

申込:http://es-network.org/?p=11670 申込み終了

——————————————————

▼本セミナー講演者、山ノ内先生からのメッセージ

Content and Language Integrated Learning (CLIL内容言語統合型学習、以下CLIL) とは、 言語と教科内容を同時に教えることを目的とした、ヨーロッパを起源とする外国語教育の指導法です。この発表では、昨今日本でも大学や大手英会話スクールで広まりを見せているCLILのフレームワークや特徴について説明します。

また、私が上智大学の学部生対象の必修英語の授業で行なったCLILの実践例を交えて、日本のようなEFLの環境において、どのようにCLILを展開することができるか、メリットや課題について言及します。

▼本セミナー講演者、米元先生からのメッセージ

私たちは、日頃どのような「なってほしい姿」「身に付けてほしい力」をイメージして目の前の児童・生徒の皆さんと接し、学びの場をつくっているでしょうか。また、それらの目的・目標を実現するために、学校・教室は何のためにあり、教師はどうあることができるでしょうか。本講演では、「そもそも何のために」という観点を大切にしながら、「場づくりスト(ファシリテーター)としての教師」のあり方・考え方について話題提供の上、より効果的な学びの場づくりについて考察します。Active Learnersとしての学習者の姿を具体的に想定しながら、ご参加の皆さまの意見交換・学び合いの場を提供できれば嬉しく思います。

▼本セミナーは、こんな方におすすめです。

・CLIL内容言語統合型学習の基礎とフレームワークについて学びたい方

・場づくりスト(ファシリテーター)としての教師のあり方・考え方について学びたい方

・日本の英語教育の未来について語り合える仲間を作りたい方

・職場とは異なるサードプレイスで教員、教員志望仲間を作りたい方

▼開催概要

◆プログラム①<基調講演>

山ノ内麻美|上智大学 言語教育研究センター 講師

CLILの基本的な考え方とフレームワークの紹介

小学校・大学英語におけるCLILの実践紹介

◆プログラム②

米元 洋次|合同会社Active Learners 共同代表

「場づくりスト(ファシリテーター)としての教師」のあり方・考え方

◆プログラム③<パネルディスカッション>

テーマ「これからの日本の英語教育」(参加者のリアルタイムアンケート実施予定)

<パネリスト>

山田 英雄  かえつ有明中高 教諭|ESN CT研究代表

狩野 晶子  上智大学短期大学部 准教授(専門 第二言語習得 SLA)

館野 峻   小学校教諭|Teachers Lab. 理事

田村 佳子  都立高校教諭|元北区外国語教育アドバイザー|元練馬区小学校英語指導員

富江 佐知子 共立女子中学高等学校 講師|千葉県市川市立富美浜小学校 指導員

内山 翔太  立命館大学・学生|NPO法人ROJE

<司会>

鮫島 慶太  共立女子中高 教諭|ESN CT研究副代表|関東地区副代表

木村  徹  共立女子中高 教諭|元進路指導部副主任|元英語科主任

日 時

2019年3月29日(金)

12:30受付開始|13:00開演|17:30閉会

*途中参加の場合はフォームにその旨をご記入ください。

場 所

十文字中学高等学校|新館多目的ホール

東京都豊島区北大塚1-10-33

JR山手線(巣鴨駅・大塚駅 徒歩5分)

都営地下鉄三田線(巣鴨駅 徒歩5分)

都電荒川線(大塚駅前 徒歩5分)

地図URL: http://js.jumonji-u.ac.jp/articles/-/5

参加費|1000円|会場受付にて徴収いたします。

持ち物|名刺をお持ちの方はご持参ください。

服 装|リラックスできる服装でお越しください。

定 員|100名

対 象|小中高大の先生|学習塾の先生|

教員を目指す大学生・社会人の方|

教育団体の方|教育関係事務スタッフの方

▼懇親会

4000円|18:30~20:30|大塚駅近辺

※セミナーの休憩時間にご案内いたします。

▼お申し込みフォーム

以下のフォームから申し込みをお願い致します。

※こちらからの登録で申込みが正式に完了となります。

▼お問い合わせ

高瀬 聡伸(ESN事務局代表)

info@es-network.org

▼主催

ESN英語教育総合研究会

総合代表|久保 敦

公式HP |http://es-network.org/

公式FB  |https://www.facebook.com/esn.jp/

▼協賛

(株)Z会|(株)教育開発出版|(株)NTT Docomo|(株)コトバンク|(株)SchoolWith|(株)QQEnglish|(株)ネリーズ|(株)mpi松香フォニックス|(株)アイウエア|(株)コロケーションリサーチ|(株)デジタル・ナレッジ|(株)アルク出版|(株)アバックス

▼後援

一般社団法人 Teacher’s Lab.|関西学院大学言語教育研究センター|EDUPEDIA|SmartELT|十文字中学高等学校

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事