女子校が「BYOD」導入、授業と生徒はこう変わった 中高一貫校ならではの情報機器活用とコミュニケーション!!

女子校が「BYOD」導入、授業と生徒はこう変わった

中高一貫校ならではの情報機器活用とコミュニケーション

 2020年から始まる小学校でのプログラミング教育を目前とし、教育現場でのICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)の利活用が急速に進んでいる。

 コンピュータールームに移動しての情報科の授業や、電子黒板などによるスライドを使った授業は、何となく想像がつくかもしれない。ところが、筆者は自分の母校である、鴎友学園女子中学高等学校(世田谷区)が「BYOD(Bring Your Own Device)」という、「自分で持っている機器を学校に持ち込んで使用する」授業を今年(2018年)の4月から始めたと聞きつけ、早速見学に行ってきた。

 案内してくれたのは、筆者が在学当時、社会科の授業でお世話になり、鴎友学園で44年間も女子教育に邁進した吉野明(よしの・あきら)名誉校長である。今年9月に出版した『女の子の「自己肯定感」を高める育て方』(実務教育出版)も話題だ。  続き・・・