スタディプラス、学習時間を記録 勉強可視化で意欲アップ !!

スタディプラス、学習時間を記録 勉強可視化で意欲アップ

少子化で学習塾などに再編の波が押し寄せる中、スマートフォン(スマホ)を勉強や語学取得に役立てる「教育アプリ」の利用が広がっている。

筆者が所属するフラー(千葉県柏市)が提供するアプリ分析ツール「AppApe(アップ・エイプ)」によると、教育カテゴリーの月間利用者数ランキング上位100アプリの合計ユーザー数(iOS、Android合算、日本国内、数値はAppApe推計)は9月で約1156万に上る。前年同月比7.7%増えた。教育産業でスマホアプリの存在感は高まっている。

教育カテゴリーをけん引するのが、学習記録アプリ「スタディプラス」だ。AppApeの教育カテゴリーの月間利用者数ランキングで、15カ月連続で首位に立つ。2016年度の日本e―Learning大賞も獲得している。

10~20代で9月の月間利用者数の85%を占める。スマホネイティブの若年層にとって、スマホを使った学習は当たり前となっている。 続き・・・