多様な環境でグローバル市民育成、2019年度開校「ドルトン東京学園」注目の理由!!

多様な環境でグローバル市民育成、2019年度開校「ドルトン東京学園」注目の理由

 

学習者中心の教育メソッド「ドルトンプラン」を実践する共学校「ドルトン東京学園中等部・高等部」が2019年4月に東京都調布市に開校する。日本の中高一貫校でドルトンプランを全面的に導入するのは同校が初。ユニークな学びのプロセスや教員陣、さらにはグローバル市民を育てるための実践的な英語教育などがメディアで注目され、保護者の関心も高い。ドルトンプランの特徴や狙い、育てたい生徒像などについて、理事の高野淳一氏に話を聞いた。

100年前に米国で提唱されたドルトンプラン

ドルトンプランは、米国のヘレン・パーカースト女史が1908年に提唱し、ひとつの教室から実験的に始めた教育メソッドだ。生徒ひとりひとりが自らの能力や要求に応じて課題と場所を選んで学習する仕組みをつくった。その後、マサチューセッツ州の町・ドルトンの高校で導入され、1919年には幼児から高校生までの一貫教育を行う「Dalton School」をニューヨークに創設。以来、ドルトンプランを導入した学校は、イギリスやベルギー、オランダ、オーストラリア、韓国など、世界に広がっている。

“詰め込み教育”への問題意識から生まれたドルトンプラン。実は日本でも大正時代に欧米教育を視察した文部官僚・教育者の澤柳政太郎氏によって紹介されたが、教育界へ広がることはなかった。このドルトンプランに、今回ドルトン東京学園の創設に加わった河合塾は40年前から注目していたという。

幼児童の知能開発にいち早く取り組んでいた河合塾が1976年、ニューヨークのDalton Schoolと提携し、東京と名古屋に「ドルトンスクール」を開校。以来、毎年輩出する卒業生から、「ドルトンプランに基づく教育を、上の学年でも実践して欲しい」という声が多数寄せられていたという。そうした中で今年7月に東京都知事から設置認可を取得し、2019年4月、男女共学の中高一貫校「ドルトン東京学園中等部・高等部」が、世田谷区成城に隣り合う調布市入間町でスタートすることとなった。

続き・・・