子供の学力 道徳論より「スマホ時間を限定」の方が効果あり!!

子供の学力 道徳論より「スマホ時間を限定」の方が効果あり

 毎年4月、全国の国公私立の小学6年生と中学3年生延べ200万人を対象に実施されてきた国語と算数・数学の一大テスト「全国学力・学習状況調査」(通称・全国学力テスト)。約50憶円の国費が投じられるビッグプロジェクトだが、その2017年度版の結果が7月末に公表された。

 2017年度のテストでは「保護者アンケート」も実施、こちらの結果から多くのことが読み取れるという。アンケートの対象は、テストを受けた小6と中3の保護者から無作為に抽出された12万人。「両親の学歴」「所得」「就業時間」といった家庭環境や経済状況を尋ね、子供のテスト正答率との相関関係を調べている。

 小学生の学力を正答率の高い順にA層からD層まで4つに分類し、保護者の言動と子供の学力との関係をリサーチした結果、頭のいい子が育つ家庭で実践される “声かけ”が明らかになった。  続き・・・