「性格が悪い子」は成績も伸びない根本理由!!

「性格が悪い子」は成績も伸びない根本理由

僕が2浪したのは「性格」が悪かったから

「成績が上がらない人のいちばんの問題点は『性格』である」……なんて言っても、否定する人のほうが多いと思います。

『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』は発売1カ月で12万部のベストセラーとなっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「勉強ができるかできないか、ということに性格なんて関係ないでしょう」「地頭とか、IQとか、勉強方法とか、そういう要因のほうが成績に直結するに決まっている」

そう考える人がほとんどでしょう。

でも、2浪して「頑張っても成績が上がらない」経験を誰よりもしてきた僕は、「成績が上がらないのは、やっぱり『性格』のせいだ」と思うのです。

これは僕だけの意見ではありません。浪人を経験したことのある東大などの有名大学の学生の多くが、自分が現役で合格できなかった理由を「性格がダメだったからだ」と答えています。

僕はこの質問を100人以上の浪人経験者にしてきましたが、実に6割以上の学生が「合格できなかったいちばんの要因」として「性格」をあげたのです。

「性格がダメだと志望校に合格できない」というのはどういうことなのか? 成績と性格に、どのような関係があるのか? 今日はそんなお話をさせてください。 続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事