シンキングツールを使って東京大学の入試問題を解いてみよう!!

シンキングツールを使って東京大学の入試問題を解いてみよう

ロイロノート・スクールで他者と発想を共有し、シンキングツールで整理することで、思考力・創造力が深まります。

平成29年度の東京大学工学部推薦入試の事前課題でこのような小論文が求められました。【ルネサンス期にヨーロッパに大きな社会変革をもたらした「火薬・羅針盤・活版印刷術」は三大発明と呼ばれている。なぜ三大発明と呼ばれているかを簡単に考察した後、2050年頃までに期待する3つの技術革新を挙げ、それらの相乗効果がもたらす社会的変革を説明せよ。】この課題の後半部分(2050年頃までに、以降)を、ロイロノート・スクールのシンキングツールを利用して、中学2年生が全員で解いていきました。
まず、個人で「2050年までの技術革新」を3つ考えた後、4人1組の班で共有し、班内で3つ決めます。それをカードに入力して提出箱に提出し、クラス全体で共有します。各班から出されたカードをシンキングツールのベン図を使って、クラス全体で整理します。ベン図の中央に入ったカードの中で、「社会的に大きな意味を持つ技術革新(人類にとって有用な技術革新)」を3つ選び、入試問題に対応する形の答えを導いていきます。
最後に入試問題の後半の解答となるよう、200~300字程度の文章を構成して、提出します。  続き・・・