「現状だと共倒れ」千葉の11私立大が連携へ

 千葉市内を中心とした11の私立大・短大が今月、共通の教育や地域活動、就職支援などを行う新たな連携組織を設立する。タッグを組むことで大学全体の魅力を高め、学生を呼び込むのが狙いだ。18歳人口が減少期に入るなか、子供の数が比較的多い首都圏の私立大でも、生き残りに向けた動きが活発になってきている。

 「受験生を奪い合うのではなく、地域の大学が強みを持ち寄って良い教育を提供する。地域全体をキャンパスとみて学びの場にする発想だ」。幹事校を務める予定の淑徳大(千葉市)の矢尾板俊平・学長特別補佐は目的を話す。

 新組織は「ちば産学官連携プラットフォーム」と名付け、神田外語大や敬愛大、千葉経済大などが参加。大学側は、千葉市や千葉商工会議所、地元企業など産官とも連携する計画だ。

 参加大学は東京都内の有力私大のような規模はないが、全体の学問分野は福祉や看護、語学、経済など多岐にわたる。各大学や産官が連携することで、それぞれの学生が別の大学の講義を受けたり、一緒に地域の課題解決に向けた教育・研究活動に取り組んだりするほか、ともに地元企業で就業体験も行えるようになる。

 また、少子高齢化などの社会課題に対応できる共通の人材育成プログラムも策定。合同で大学案内パンフレットを作ったり、企業説明会も行ったりする考えだ。  続き・・・


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事