国際バカロレアと英語力でグローバル人材に…昌平!!

国際バカロレアと英語力でグローバル人材に…昌平

グローバル人材の育成を目指す昌平中学校・高等学校(埼玉県杉戸町)は昨年、埼玉県内で初の国際バカロレア中等教育プログラム認定校となった。高校にも来春、より上級の国際バカロレアコースを設置する予定だ。英語教育にも力を入れており、独自の「パワー・イングリッシュ・プロジェクト」は、進学実績の向上にも効果を上げている。同校の改革を牽引けんいんしてきた城川雅士校長にこれからの展望などを聞いた。

――大学進学実績を伸ばしているそうですね。

 私が着任した2006年は、進学実績も、国立大学に進学する生徒は1人もおらず、東京大学合格は夢のまた夢という状況でした。そこで高校の進路指導から始め、同時に中学の開校準備も進めました。今では4年連続で東京大学に現役で合格する生徒が出て、今春は国公立大学に56人、早慶上理ICUに55人が合格し、この12年で生徒の進学先は大きく変わりました。

――どのように生徒の進学指導をしたのですか。

 英語力の強化です。大学受験では英語が占める割合が大きく、多くの場合、私立文系の受験科目は英語と国語と社会、私立理系は英語、数学、理科です。英語は逃げられない唯一の教科。そして英語という教科は他の教科と異なり、成績は勉強時間に比例します。予習、復習のルーチンで、ある程度のレベルまでは成績を上げられる教科なのです。  続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事