大学入試改革は好機! 今こそ中学英語で4技能を磨く!!

大学入試改革は好機! 今こそ中学英語で4技能を磨く

入試が変わる、英語教育が変わる

 日本人の英語の学び方が大きく変わりつつあります。よく、ニュースで耳にするとおり、小学校3年生から英語の授業が始まります。今後は、コミュニケーション能力や問題解決力を身に付け、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を目的とした英語教育が始まります。

 2020年から、大学入試の英語もさまざまなスピーキングが導入され、コミュニケーション能力が試されるようになります。東京都では、時期は未定ですが、高校入試にもスピーキングテストが導入される予定です。教室の在り方も大いに変わるでしょう。

 学校の先生がガイドラインとしている「学習指導要領」には、「英語を理解し、英語で表現できる実践的な運用能力を養うため、聞くこと、話すこと、読むこと、書くことを3学年を通して行わせる」という旨が記載してあります。入試もスピーキングを含む4技能試験となり、ここでようやく指導要領と入試(中学・高校の英語教育)が一致するわけです。ついに文法・翻訳中心の受験英語からコミュニケーション中心の英語へと、教室で教えられる英語も変わりそうです。  続き・・・