大学倶楽部・立命館大 ピザと食文化学ぶ ナポリの協会と連携協定 食文化研究の一環で!!

ピザと食文化学ぶ ナポリの協会と連携協定 食文化研究の一環で

 立命館大が今年4月に新設した食マネジメント学部(滋賀県草津市)が、イタリアの非営利団体「真のナポリピッツァ協会」との教学連携を26日、同大学のびわこ・くさつキャンパスで結んだ。昨年12月にナポリのピザ職人の技術が国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に登録されたことを受け、食文化研究の一環としてナポリのピザについて学ぶ目的という。

 「真のナポリピッツァ協会」は、ピザ職人の技術を伝える活動をしている。連携を記念し、協会が大学にイタリア製のピザ釜を寄贈。今後、学生がナポリのピザ職人のもとで実際にピザを作る体験学習や、ナポリの食材などについて学ぶ授業を予定している。  続き・・・