”学生とキャリア”の最前線 法政大学キャリアデザイン学部、田中教授が考える 社会で躍動するためのはじめの一歩とは?

”学生とキャリア”の最前線 法政大学キャリアデザイン学部、田中教授が考える 社会で躍動するためのはじめの一歩とは?

原因解明し問題解決を図る組織アナリスト:エスノグラファーとは?

ーーどうしてエスノグラフィを専攻しようと思ったんですか?

社会科学では、質的なアプローチは少数派です。「数字が全てのリアルを語る」といった量的なアプローチが科学の正統性を帯びています。しかし、私はむしろ素データに挙がっていない声、そもそも対象にされていない声など、数字からこぼれてしまったものこそにリアルが宿ると感じていたんです。そこで調べてみると、フィールドワークやエスノグラフィがまさに声なき声にフォーカスできるアプローチだったのです。

ーー具体例で言うと?

私の書いた『丼屋の経営』という本から具体例を挙げましょう。この本では、私自身が5年間フィールドワークをしていた牛丼屋で、売上国内1位を達成した店舗経営の極意を明らかにしました。牛丼屋は大手チェーン店で国内に1000以上の店舗があり、経営陣はその多数に上る店舗を売上高の数字で管理していました。

しかし、数字を見てA店の売上が良いとわかっても、A店の売上がなぜ良いのかまでは分かりません。何故ならば、1000以上の店舗を抱えていれば、規模感、立地条件、スタッフの構成、年齢、性別、人数などが似ている店舗がいくつもあるからです。

となると、A店の業績が良い理由は、A店の中に入ってみないと分かりませんよね。そこでA店の中に入って判明したことは、その店舗のカリスママネージャーの声かけが、スタッフ同士の結束力を深め、結果的に売上に結びついていると言うことでした。

ーーでは、コンサルタント的な立ち位置で経営にも活かせるということですね。

イメージは近いかもしれません。企業の問題を解決して利益を出してあげるコンサルタントと比べて、エスノグラファーは問題解決を目的としているので、コンサルタントの一歩手前くらいの立ち位置と言えます。組織に対して「今、こういうことが起きています」というメカニズムを診断してあげる、いわば「組織のドクター」です。  続き・・・