グローバル教養学部が2019年4月大阪いばらきキャンパスに開設決定!!

グローバル教養学部が2019年4月大阪いばらきキャンパスに開設決定

 2019年4月の開設に向けて準備を進めていたグローバル教養学部(以下、GLA)が、このたび文部科学省への設置届出を完了し、立命館大学16番目の学部として、大阪いばらきキャンパスに誕生することが決まりました。

 GLAは、オーストラリア国立大学(以下、ANU)のCollege of Asia & the Pacific(アジア太平洋学群)が提供する世界水準のアジア太平洋に関する学びと、立命館大学が新たに展開するグローバル時代の教養(リベラル・アーツ)に関する学びの両方を、オーストラリア・日本の2つのキャンパスで修め、4年間で両大学の学位を得るデュアル・ディグリープログラムを教育課程の全面に組み込んだ日本初の学部です。授業はすべて英語で行われ、ANUの授業の一部は、同大学教授陣によって、大阪いばらきキャンパスでも開講されます。

 立命館大学は、1988年の国際関係学部設置以来、教育研究のグローバル化に取り組んできました。ANUはオーストラリアのリーディング大学であり、GLAのパートナーであるCollege of Asia & the Pacifcは、英語圏において世界的にも著名な専門家を擁し、アジア太平洋地域に関する理解を広げる点、また、同地域への関与という点で、重要な役割を果たしています。

 GLAの誕生を期に、本学は、大学のグローバル化をさらに高いレベルで推進し、アジア太平洋、ひいては世界で活躍するグローバルリーダーの育成に努めてまいります。  続き・・・