英語話す力、独自に測定 入試・教育にふさわしい内容探る!!

英語話す力、独自に測定 入試・教育にふさわしい内容探る 

2020年度に始まる大学入学共通テストの英語への民間試験導入が議論を呼ぶ中、英語の「話す」力を測るテストを大学が独自に開発する動きが出ている。東京外国語大と京都工芸繊維大が進めており、入試や教育上の目的にかなった内容を検討中だ。大学にふさわしいテストの形を探る試みともいえ、英語入試改革を考えるうえで参考になりそうだ。

京都工繊大では1年生全員がスピーキングテストを受ける(2017年12月)

 東外大は19年度新設予定の国際日本学部(定員75人)の入試で、英語を話す試験(スピーキングテスト)の導入を決めた。20年度には全学部の入試に広げる方針。英国の国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシル(BC)が提供し、世界で年35万人が受験するテスト「Aptis(アプティス)」を土台にBCと共同で問題をつくる。

 「世界の中の日本を学ぶ」ことを目的とする同学部。学生の4割は留学生だ。話す試験を先行導入するのは「英語の授業もあり、入学当初から英語で発信する力が必要なため」(林佳世子副学長)だという。

 測りたいのは学問に使える英語力。「(読む、聞く、書くの)3技能の問題作成には自信がある」(同)ため、「話す」を含む4技能がセットになった既存の試験をそのまま使うことは考えなかった。言語、文化といった学問分野に関心や適性がある学生を選抜する問題にしたいという狙いもあり、話す試験だけを切り出せて問題のカスタマイズもできるアプティスに着目した。  続き・・・