国際シンポジウム 「グローバル・コンピテンスと次世代の学び」参加報告!!

国際シンポジウム
「グローバル・コンピテンスと次世代の学び」参加報告 事務局より

PISA2018で初めて調査されることとなった「グローバル・コンピテンス」に世界的関心が高まっている。
これからの教育で重要なキーワードとなるグローバル・コンピテンスをテーマとした国際シンポジウム「グローバル・コンピテンスと次世代の学び」が、20183月、東京都内で開催された。
冒頭に、東京大学・慶應義塾大学教授 文部科学大臣補佐官 鈴木寛先生からシンポジウムへの期待が述べられた後、OECD関係者や先進的な実践に取り組む教育関係者らが日本の教育現場はどう対応すべきかを語り合った。
その内容をレポートする。
 

■日時:平成30年3月8日(木)18:00〜20:00
■会場:TKPガーデンシティ渋谷 ホールA
■主催:東京大学公共政策大学院人材政策研究ユニット
■共催:東京大学大学院教育学研究科、OECD(経済協力開発機構)
■協力:株式会社ベネッセコーポレーション

 
 
開会の挨拶 
 東京大学・慶應義塾大学教授/文部科学大臣補佐官 鈴木寛先生
基調講演 1 「From Global Competence to National Success
 OECD 教育・スキル局長 アンドレアス・シュライヒャー氏
基調講演 2 「Teaching Global Competence to National Success
 Asia Society グローバル教育センター ディレクター アンソニー・ジャクソン氏
パネルディスカッション
 モデレーター:OECD日本イノベーション教育ネットワークボードメンバー 山中伸一氏
 事例紹介:東京都私立 かえつ有明中学・高校 山田英雄先生
 事例紹介:広島県教育委員会 加藤賢一先生
閉会の挨拶
 東京大学大学院教育学研究科教授 秋田喜代美先生
 

 

【開会の挨拶】
東京大学・慶應義塾大学教授
文部科学大臣補佐官
鈴木寛先生

続き・・・