滋賀の女子高生がビジコンで100万円獲得! 東南アジアの「日本語教師不足」に着目!!

滋賀の女子高生がビジコンで100万円獲得! 東南アジアの「日本語教師不足」に着目

世界の日本語学習者の3分の1にあたるおよそ110万人が東南アジアに集中するとされる一方で、不足しているのがその教師だ。東南アジア全域でも1万人弱しかいないとされ、生徒100人に対して日本語教師は1人しかいない計算になる。この現状をビジネスチャンスに変えようとするのは、滋賀県の県立高校に通う女子高校生4人。東南アジアでのマンガ人気に着目して、マンガで日本語を学ぶ学習アプリ「PalAsia(パラジア)」を考案。都内で開かれたビジネスコンテストで優勝し、100万円を獲得した。「教師不足の切り札のひとつになるのでは」と審査員らも期待を寄せる。

■ポップカルチャーが後押し

国際交流基金によると、東南アジアにはおよそ110万人の日本語学習者がいるとされるが、それだけでなく、最近では初等教育にも日本語教育が取り入れられた。ベトナムの首都ハノイ市では、2016年から市内の一部の小学校で第一外国語として日本語が教えられる取り組みが始まった。

日本語の人気が高い背景にあるのは、日本のポップカルチャーが現地の若者のハートをつかんでいることだ。現地の日本語学習者を対象に外務省が行ったアンケート調査では、日本語を勉強する目的は「日本のファッション、ドラマ、音楽、映画、マンガ、アニメをもっと楽しむため」とおよそ半数が答えた。

日本語学者が年々増えている東南アジアだが、日本語教師の少なさは深刻だ。例えば、日本語学習者数が中国に次いで世界で2番目に多いインドネシア。日本語を学習する人の数はおよそ74万人であるのに対して、教師はたったの4500人。生徒に対する教師の割合はおよそ165人に1人だ。東南アジアで2位のタイでも、学習者数およそ17万人に比べて教師の数は1900人ほどと深刻な状況だ。  続き・・・