先の見えない時代だからこそ自分のアタマで考える…出口治明APU学長<5>!!

先の見えない時代だからこそ自分のアタマで考える…出口治明APU学長<5>

 もう一度、今日頂いたテーマ(「国際化と日本の中等教育について」)に立ち戻ります。僕自身は海外で働いた経験はロンドンの3年間だけです。当時、ロンドンには日本会というのがあり、日本の大企業の代表者が集まっていて、小学校と病院を経営していました。そこへあいさつに行ったら「君は教育担当理事になったから」と言われ、最初はなんのことか分からなかったんですが、大企業の代表者の間で役職を機械的に分担していたんですね。

 教育担当の理事になった以上、少しは勉強しなければならないと、イングランドの教育についてほんの少しかじりました。それで印象に残っていることが二つあります。一つは、幼稚園の教育で何が大事かというと、クラスに園児が30人いるとして、まず最初にすることはお互いに1対1で向き合わせることだそうです。これをクラスの全員と繰り返し繰り返し行う。それで、先生が尋ねるそうです。「同じ人はいましたか」。一卵性双生児でもない限り、みんな違うわけですから、幼稚園の子供たちは「みんな違うと思います」と答えます。その次に先生は、「じゃあ次に、みんなが考えていることは同じですか、違いますか」と聞くんです。そうするとほとんどの生徒は「顔が違うんだから考えてることも違うよね」と答えるんです。そこで先生は「そうですよね。人は一人一人全部違うのだから、自分の感じたことや思ってることを言わなければ相手には分かりませんよね」と教えるのです。それから、「みんな考えの違う人がいるんだから、地下鉄の切符を買うときは並ばなきゃいけないですよね」とも。  続き・・・