2018中学受験イージーすぎる”出題ミス”!!

2018中学受験イージーすぎる”出題ミス”

入試問題の出題ミスは大学だけに限らない。中学受験塾の代表・松本亘正さんは「名門といわれる私立中学でも出題ミスが起きています。合否にも大きな影響があったはずです」という。どんなミスだったのか。そして受験生はそうしたミスにどう対処すればいいのだろうか――。

■出題ミスによる「受験生全員満点」で損する賢い受験生たち

 2017年、京都大学と大阪大学の一般入試で出題ミスがあり、大きな社会問題となった。京大で17人、阪大では30人が、合格していたはずなのに不合格と判定されていたからだ。「再発防止」を誓っていたが、今年の京都大学の入試でも、化学で複数のミスがみつかり、試験中に問題が削除・訂正される騒動が起きた。

 実はこうした入試問題のミスは、大学受験だけの話ではない。

 2月16日、開成、麻布に並ぶ「御三家」、武蔵中学(東京都練馬区)の梶取弘昌校長は、塾・出版社向けの入試説明・意見交換会の冒頭、入試問題の不備について謝罪した。  続き・・・