君はそれでも東大を目指すのか ~グローバル時代を生き抜くために!!

君はそれでも東大を目指すのか
~グローバル時代を生き抜くために

グローバル時代の到来が叫ばれるようになって久しい。グローバル化そのものの是非について賛否があるとしても、それは避けがたい現実である。米国の住宅ローンの焦げ付きが全世界の経済危機を招いた、いわゆるリーマン・ショック(2008年)が、グローバル化の典型例として記憶に新しい。これから否応なしに、そんな時代を生き抜いて行かざるを得ない日本の若者に、米グーグルやいくつものグローバル企業で働いた経験を持つ先行者として、いくつかの事を伝えておきたいと思う。

「グローバル化」には3段階ある

 グローバル化といっても、少なくとも(1)inter-national、(2)multi-national、(3)trans-national――の3つの段階がある。ここで共通するnationalというのは、「国の、国民の」といった意味合いの言葉であり、(1)のinterとは「際を越える」、(2)のmultiというのは「多数の」、(3)のtransというのは、「変幻自在な」といった意味合いの接頭辞である。従って、inter-nationalは「国際」と、multi-nationalは「多国籍」と訳される。trans-nationalには、適切な訳語がない。  続き・・・