94%がバイリンガルに!オランダ小学校の英語教育はここがスゴイ!!

94%がバイリンガルに!オランダ小学校の英語教育はここがスゴイ

———-
「世界一の教育」といわれるオランダの小学校。オランダ在住ライターの倉田直子さんによる短期集中連載では、「なぜ世界一なのか? を探っている。これまでに「オランダの小学校は教育費が無償!」「落ちこぼれがいない、飛び級も留年も当たり前」「外れがない! オランダの驚くべき担任制」についてお伝えしてきた。第4回目となる今回は、非英語圏における「英語力世界一」と言われるゆえんをお伝えする。
———-

教科書にはテイラー・スウィフトが

 学費が無料であるオランダの小学校は、基本的に実費で教科書を購入することはない。すべて学校から無料で支給されるのだ。その代り、宿題でもでない限り、教科書を家に持ち帰ってくることもない。そのため、筆者はオランダの公立小学校に通う自分の娘が、学校でどのような教科書を使用しているのか知る機会はほとんどなかった。

 けれど初等教育6年生(9歳頃の子供が所属する学年)になって数週間たったある日、娘が「来週英語のテストがあるから、家で自習しなくちゃいけないんだって」と英語の教科書(兼問題集)を持ち帰ってきたのだ。

 娘に頼んで教科書を見せてもらった時、筆者はあまりの驚きにわが目を疑った。何故なら、その教科書の表紙にいたのは、アメリカのポップシンガーのテイラー・スウィフトだったからだ。  続き・・・