大学発ベンチャーの1割は東大から!!

大学発ベンチャーの1割は東大から

帝国データバンクは2月23日、「大学発ベンチャー企業の経営実態調査(2018年)」を公開した。調査は、2018年2月時点で判明した大学発ベンチャー企業1002社。13年の調査開始以降初めて1000社を突破し、創出大学別にみると東京大学の108社が最多。10社に1社が東大発という結果となった。

 

帝国データバンク調査

 

 東大に続く2位は「京都大学」(52社)、3位は「東北大学」(51社)で、指定国立大学が上位を占めた。私立大学では「慶應義塾大学」(32社)でトップ、以下「早稲田大学」(18社)、「東海大学」(16社)と続く。公立大学では「会津大学」(13社)や「大阪府立大学」(11社)などが上位を占めた。

 都道府県別でみると、本社所在地で最も多かったのは「東京都」(260社)。しかし、東京都や大阪府の2大都市圏は前回調査から構成比が減少している。一方、「福岡県」や「北海道」などで増加した。  続き・・・